FC2ブログ

あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日はなんの日

日本の教育の変遷について今日は勉強しました。

こないだやっと西洋教育史が終わったのに…今度は日本…。漢字が読めない。書けない。記憶できない。三重苦。
教育の原型となったものは、日本では仏教みたいですね。
僧を養成するために本を書いたり、決まりを定めたり、国を作るためにはまず人を「作る」必要があった。それが教育の一番最初の存在価値みたいに思う。

それがはっきりと姿を表してきたのが江戸時代の家塾や藩塾といった学問の場所。それまでの武力による統治が変わってきた文治時代に合わせて、子弟を教育する必要が出てきたという流れ。
明治からは次第に軍国主義的な国家政策に教育も添う形で大正・昭和が訪れ…と今日はここまでしか進みませんでした。

教育は時代とともに変わってきたなあ…。今は学制とかそういう歴史的契機みたいなのがないぶん、教育も変わりにくいってとこはあるかもしれない。

でも変える必要はあるよね、確実に。
文科省の考え方自体は間違ってはいないと私は思ってるんですけど、その方法がなあ。このへんのことについてはまた機会があったらいずれ書きたいと思ってます。


そう、それでたまたまネットで「今日はなんの日」というのがあって見てみたら、うちの学園が作られた日だったんですね。
大正時代の教育家に数えられる学園創立者について、さっき学んだばかりだったのに。

偶然のつながりを感じるみぃなのでした。
スポンサーサイト


  1. 2005/04/09(土) 23:09:06|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<おじいちゃんといっしょ | ホーム | 桜の日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://023150940.blog7.fc2.com/tb.php/54-20e26c73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。