FC2ブログ

あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

続く道

時々、高校生の頃を思い出すことがあります。
中学生の頃や、それ以前のことは思い出さないのに、不思議です。
一番近い記憶だからかなとも思うのですが、
でも、たとえばそれが中学校時代とそっくり入れ替わったとしても、やはりあの頃のことを思い出すと思います。

私にとって、あの高校は今でも一番大事な場所だと思います。
時間的にも空間的にも
毎日毎日友達と会って、お話をして、数学が分からなくて、
倫理が好きで、先生の言葉やしぐさがおかしくて、
文化祭、合唱際実行委員もやったし、放送委員もやって、
放送室でランチしたり、
中庭のでっかい木の下でかくれんぼをしたり、
雪の日に雪合戦をしてどろどろになったり、
部活動でコンクールに出て、ケンカして、
泣いたり笑ったり、
友達が失恋してどうやって言葉をかけていいか分からなかったり、
新学期、好きな人と会えて嬉しかったことも、
体育の時間が憂鬱だったけどサッカーは楽しくて、
球技大会のために朝練をしてて、テニス部の先生に怒られたり、
テストが一日一教科しかなかったり、
学校帰りにマックでおしゃべりしたり、
手紙を届けに違うクラスへ足を運んだことも、
進路で悩んだことも、
推薦とれて友達と泣いたことも、
ちっとも記憶が褪せません。

教育実習で戻ってきたとき、
私がいた頃の何かは確実に変わってしまっていたけど、
目をつぶるといろいろなことが思い出されてきて、
じんとしたのを覚えています。

将来ルームシェアをしようね、と言っていた程仲の良かった友達とも、
年に数回しか会わなくなりました。
逆に、当時はあまり話さなかったのに、今よく連絡をとるようになった友達もいます。

人って不思議。
近くにいればつながっているように感じられるのに、
実際はそうでもなかったり、
むしろ物理的に遠いところにいる人が身近に感じられたり、
遠いと思ってた人が意外に近くで助けてくれていたりする。


私はこの一年間、そういう人たちにすごく助けられていたと思います。
自分の生きる道を考える時間が増えたからなのか、
単にそういう時期だったのかは分からないけど、
だからこそそういう人たちの存在や言葉が
大きな力になったんだと思います。

のんびりした、おだやかなあの学校で、(チカンは出るけど)
いつもそばにいてくれた、
26期生のみなさん、先生方。
本当にありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします!


…くさい文章をみぃがお届けしました。

スポンサーサイト
  1. 2005/10/22(土) 11:15:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。