あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

50歳からのレッスン

母が、突然サックスを習い始めました

あまりに突然すぎて、家族中みんながびっくり…

思えば、母が何かを習いはじめたのはここ二、三年のことで、それまでは病院の勤務と家事に追われて生活していたので、自分のために時間を使うことができなかったんですよね。手のかかる子どもが二匹もいたし。
だから子どもとしては母がいきいきしてるように感じられて嬉しかったりします。

これまでにカラーコーディネイト、ゴスペル、フラワーアレンジメント、ウォーキングや体操などなど、多くは大学の生涯学習に参加しているみたいで…「神大の学食はおいしかったわよ!」「あそこは建物がきれいだったわ!」と嬉しそうに報告してきます。

今回はヤマハの音楽教室みたいです。
なんでサックスかというと、多分家に楽器があったから。(兄の中学時代のお古)
で、今日は一回目のレッスンだったみたいですが、母と引退したようなオッサン三人の、合わせて四人のみのレッスンだったらしい。けっこう皆さんやる気満々で、「楽器はいくらくらいのを買えばいいんでしょうか!?」とかなんとか質問しちゃったりしてるらしい…いいじゃん、借りれば。ヤマハなんだし。

肝心のサックスは、母は音を出すのも一苦労だったらしく、家に帰ってきてからマッピだけでピイピイ吹いて練習している姿が健気でした。。でも勉強中だったからちょっと迷惑でした。笑

私も今だったらホルンやりたいなあー。ホルンすき★
老後の楽しみにとっとこう。肺活量が問題だけど…

スポンサーサイト
  1. 2005/04/29(金) 01:04:07|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

オーケストラ楽器別人間学

今日は久々に本を買いました。
「オーケストラ楽器別人間学」です。
NHK交響楽団の主席オーボエ奏者である茂木大輔さんが書いてる本で、以前ハードカバー版で読んだのですが文庫版で安かったので買っちゃいました。
茂木さんは各国の演奏旅行に行った際などのエピソードやオケの人間模様、オーボエに対する思い入れなどとても分かりやすくおもしろおかしく紹介してくれて、どの本も大変面白いです。

中でもこの楽器別人間学は、ある楽器を演奏する人の人間性と、その楽器との間にある特性の一致や特徴としてあげられることを中心に、よく周囲の人間を観察した面白い内容です。もちろん科学的な根拠は一切ないんですが、そうそうあるある、という共感が持てて楽しい…
人間学専攻としては、こういう視点もアリかなあと思えるわけです。楽器やってたしね★

その楽器をやってるイメージというのが、やっぱりみなさんあるみたいなんですよね。例えば、女の子らしい―「フルート」とか、華やか目立ちタイプ―「トランペット」とか。
オケやブラスに関わってない人から見てもそういうイメージがあるように、実際演奏してる本人たちの中にもイメージがあるんですよ。(もちろん皆が厳密に当てはまるとかじゃないんですが。)

そのイメージとか性格的な特徴が、どうやら楽器から派生してくる面もあるみたい…?!ということは、楽器を選ぶときからすでに性格が反映され始めるってこと!?

でも自分はこの楽器がやりたかったのに、仕方なく別のになったってこともあるじゃないですか(自分はそうでしたフルートがやりたかった)。

そういう場合も含めて、「演奏しているうちにその楽器からどんどん影響を受けた」または「そもそもそういう性格だったからその楽器を選んだ」ということが、どうやらあるみたいなんですよねえ。
多分野球とかいろいろなことに当てはまると思いますが、やっぱりその仕事にあった性格とか性質っていうものは、ありますよね!ってまた就活っぽくなってしまいましたが…

で、自分はどうだったかというと…

うん、あたってるかもしれません。笑
楽器別適性フロチャートでも、見事にオーボエでした。
自分はきっとフルートじゃあなかったんだなあって思うことにしています。
みなさんも興味があればぜひぜひ読んでみてください。

  1. 2005/04/26(火) 20:12:59|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

少しでも早く

多くの方が助かること、身元の確認ができること、早くご家族に会えることをお祈りしています。


  1. 2005/04/25(月) 23:23:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ccb paris

ちょっとブログを進化させてみようと思ったみぃです。
というわけで、リンクを貼ってみました!!
みなさんどんどんアクセスしてみてください。非常にお役立ちの情報が満載です。

勉強してると、なんかこうイライラってしてくる時があるんですね。
ノッてる時はいいんだけど、今日なんか、予想問題解いててあまりに分からなくて。
しかも自分の専門教養なんですけど?
うーんほんとに受かる気がしませんよー。
倍率57か…涙

そんなとき!
私は化粧品を買う!!

要するに、買い物というストレス発散法です。
しかし、一応受験生なので外出ってわざわざしようと思えない…
↑気が小さい

そんな私は、いつも通販で化粧品を物色するのです。

クラブ・クレアター・ボーテという海外の化粧品を専門に扱っている会社があって、ここ一年くらいお世話になっています。
なんたって、大好きなアニエスのボーテを入手できるんですもの!!
その他にもミッシェル・クランやコスマンス、マニアティスなども扱っています。値段は安くはないけど、ハズレがないし、こういうのってカタログ見ているだけでわくわくしちゃうので幸せ気分に浸れます。
ついつい一万円くらい買ってしまった…
なんでファンデーションてあんなに高いんだろう?!

早く届くとよいなあ★



さて、現実に戻っておべんきょーしよー…

  1. 2005/04/24(日) 22:19:57|
  2. 私を癒してくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

使ってみちゃいました

20050424122400s.jpg

みなさんが画像を駆使してるので、まねっこしてみました。
勝手に載せて、スミマセン!
去年の秋に代官山行ったときのお写真です。
代官山の某キャンパスにもぐりに行く途中だったと思います。
勝手に入って、勝手にパソコン立ち上げて、ネットで遊んで、すみません!
でもホント普通に入れちゃったけど、セキュリティ大丈夫なのかしら?どこの学校にも言えることだけど…

さてさて、今日はちゃんとお勉強しますよ!
実習まであと一ヶ月!!
胃が痛いです。
2年5組のみんな、いじめないでください。


  1. 2005/04/24(日) 12:38:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

懐古

「算数」の頃から苦手でした。
低学年の頃はあんまり記憶にないんですが、「おおきいかず」とかそういう単元のあたりから、私の数に対する苦労は始まっていた―と考えられます。

っていうか、なんでいきなりこんなことを書くかというと、新聞に小中学生の学力調査の記事が載ってて思い出したからなんですが。
そう、私はとんでもなくおちこぼれていました。

算数で「がんばりましょう」(当時はよくできました・ふつうです・がんばりましょう、の三段階評価)の評価はとったことがないものの、このまま中学校に入学して数学が始まったら大変なことになると思っていました。

で、やっぱり大変なことになっていました。
つねに点数で底辺をさまよっていたため、数学の先生が心配していたらしいです(実話)。
授業中はなんとなく分かった気になるんですが、いざ一人でやると駄目駄目だった。最後はもう何が分からないんだか分からないという状態です。
多分算数という基礎が分かってないから、どんなに上を積み上げようとしてもしっかり身に付かないんですね…基本は大事です。
一応勉強してみるんですが、分からなすぎて放棄しました。
当時は部活少女だったので、そんなことより日々が忙しかった。
高校受験も、数学以外で補って合格しました。汗

高校でも大変な事態は一向に変わらず、ってか、悪化…
普通に一桁とったし。泣
あの時は、存在価値を否定された気がしました。うん。
でも、いまとなっちゃどってことないけどね!
数学の点数悪くたって、成績良くなくたって、生きられないわけじゃありません。SPI解けないけど。

もっと現役のとき頑張っとけば良かったのかなあーってすごく思うけど、他のことで頑張ってたから、私はこういう性質なんだって考えればいいのかなとも思います。

自分はこういうところが苦手だけど、こっちは興味がある・ここはできる、って気付くことができれば、ある意味勉強ってそれでいいんじゃないかなー。

授業は寝てばっかで怒られてても、音楽の時間になると生き生きしながらギター弾いてた人とかいるしね♪


興味があることとか得意なことが直接仕事に結びつくか分からないのがちょっと微妙だけど…

みんなが自分の望む道に行けたらいいのになあ。

  1. 2005/04/24(日) 01:00:26|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

めで鯛

高校のときのクラスメイトが、内々定をゲットしました★
おめでとー!!!
たくさん悩んでたこと、無駄じゃなかったよね。
私も喜びをおすそ分けしてもらいました。
納得いく就職活動ができるといいね、充実した日々となることをお祈り申し上げます!!
ほんとに、おめでとう(^^)/★☆
就活終わっても、ブログ書き続けてね!楽しみなんだから♪


  1. 2005/04/22(金) 00:13:32|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

教育と、働く、ということ

「学校においては、地域や学校の実態等に応じて、就業やボランティアに関わる体験的な学習の指導を適切に行うようにし、勤労の尊さや創造することの喜びを体得させ、望ましい勤労観、職業観の育成や社会奉仕の精神の涵養に資するものとする。」


上は、高等学校学習指導要領の総則、第一款の四に記されている文を引用したものです。

指導要領っていうのは、文科省が学校教育はこういったことを目的として行うようにという内容を示したもので、要するに学校で何を教えるべきかということをずらずら書いてあるものです。
ってことは、つまり、私はこういうことを教わってきたはずなんです。
うん、そういう授業あったねえ。将来何になりたいか、そのためには今なにをしたらいいか等、道徳や学級活動でやってたなあ。中学校じゃ、職業体験なんかもあったなあ…


しかし。



お恥ずかしながら、学校教育の目的がなんであるか!!
私はそれをまったく考えずに生きていたことに最近気付きました!!


憲法に定められてる教育、納税、勤労の義務。
それは分かってました。
でもそれが何のためにあるかをちゃんと考えてなかった。


納税は国民生活と福祉の向上、それを実現するために勤労、それを実現するのが教育。だって勤労するためには、その意義が分かってなきゃならないから。それを考えなきゃ、多分自立しようって考えにたどり着かない。それを考えていくのが生きるってことだ。それを援助するのが家庭教育であり学校教育なんだ。
大きく言っちゃえば、自分の道を切り開くための教育なんだ。



私、そこにある課題としてしか勤労や職業というものをとらえていなかった。目先のことにとらわれてて、それが連続的なものだということに全然気付いてなかった。
要するに、自分について真剣に考えてこなかったってこと。
その場その場でなんとなく切り抜けてきたんだ。


皆さんはそんなのとっくだったかもしれないけど…汗。
ニートやパラサイトなんかが増加してる現状を考えると…教育の目的を達成するソフトがうまく機能してないように思えてなりません。(文科省批判になっちゃうかな?)


「なんで働かなきゃいけないの?」
「なんで勉強しなきゃいけないの?」
「義務なんて押し付けないでよ」
「自分のしたいことすればいーじゃん」

その通りです。わかんないよね。
知らないよ、って思うよね。
でもね。

私たちが生かされているのは、これまで勉強して働いてきた人間がいたからなんです。
責任、っていう言葉はふさわしくないかもしれないけど、生まれてきたからには私たちもそれを行うべきなんじゃないかなあって思う。もちろん自分のしたいことすればいいし、それはすごく大切なこと。
だけどそれだけじゃなくて、今生きてるこの社会に関わってみて、一ミリでも良くできたなって思えたらもっと素敵じゃないですか。


だから私は、今を生きてる児童・生徒さんたちに―ちょっとでもいいから、自分は何のために生きてるのか、そういう思索の種をあげられる、引き出してあげられるような教師になりたいと思う。


あなた自身のかけがえのない今が、ずっとずっと、あなたが生きる道に連続してるんだよってことを。

  1. 2005/04/21(木) 22:45:07|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のわんこ

彼氏さんをお迎えに行くついでに、あざみ野のペットショップに(また)行ってきました!!!今日はヒットです。大ヒットです。やっぱりここのお店はヒットなのです。しつこい?だってすっごいかわいかったんですよおおー!!!
もう夜だったんでみんな疲れて寝ちゃってるかなあ、と思ったんですが、なぜか昼より起きてる…。どうやらバックヤードでお姉さんが晩御飯の準備をしていたらしくて、子犬たちは私たちにプリティなお尻を向けて待っていてくれました。
どの子犬も食べたいくらいかわいかったんですが、今日はなんともハンサムなチワワに出会いました。

チワワはかわいいけれど、犬によってはやけに目がでっぱっていたり頭の形が良くなかったり痩せすぎていたり、やっぱりムラがあるみたいなんですね。
でも今日のチワワ君は、きりりとしたマユ(勝手に眉と呼んでいる)とぱちくりした瞳、美しい毛色、適当に締まった身体、すでに一回ワクチン接種済みというどこをとっても合格のわんこでした。しかも愛想よし。完璧じゃー!
もう君のトリコじゃよ。
あと印象的だったのが、真っ白なフレンチブルドッグ。苦行のような顔をして仰向けに寝ている姿が痛々しかったです。

もし自分が犬を飼うなら…
1位:パピヨン
2位:ヨークシャー・テリア
3位:ウェルシュ・コーギー

パピヨンとヨークシャー・テリアは毛がきれいで好き。猛烈にお手入れしたいという欲望を抱いているため。
コーギーは、あのぶっとい足とふりふりしたお尻に悩殺されたか
ら。吠え声がうるさいというご指摘を頂きますが、そんなんどの犬だっておんなじやんけ、と私は思うのね。
だったら自分が好きなわんこと一緒に暮らせたほうがいいんじゃないかね?うん。
大学通ってから、犬と暮らす妄想力は確実に増したと思います。
将来この子達と暮らすんだー♪リードはこれをつけよう。キャリーバッグは…エトセトラエトセトラ…

妄想するくらいなら、いいでしょ!?
誰にも迷惑かけてないし!!

ってか、最近こういうことでしか楽しみをみつけられない。悲しいー!!

  1. 2005/04/20(水) 23:36:52|
  2. 私を癒してくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

教科書を買おう

明日の講義の教科書買ってなかった!ことに気付いたのが授業終わって雑用すませた17:00ごろ。
仕方ない、途中の電停で降りて買うかあ、と思って本屋さんに行きました。
三日前くらいに、そこの本屋で検索にかけたら在庫あったんで、あとで買えばいいかあ、高いしな(3,600円くらい。これでもうちの学科的には高い)、と思って買わずにいたんですね。

しかーし、なんと今日行ったら「無」でした。
きゃーっ。どうしよう~。はうぅ~。おろおろ
なんであの時買わないの?私?!
この手の後悔は多々あります…。今できるのになぜか後回しにするのが私の良くないところです。

自宅近くの大型書店はつぶれてしまったし(泣)、他にこの手の本が売ってる本屋がない!

で、仕方なく学校方面へ乗り換え、田園都市線に飛び乗りました。うう、席空いてないよ。夕方になって足がむくんできて、今日の靴痛いんだよおー。

で、お目当ての駅に到着★いちおうデパート?併設の本屋さんなのでここならあるでしょーと自信満々だったのに、ないじゃないですか!
仕方なく別の本屋さんに行こうとして外に出たら雨が降ってきたーっ。
走って本屋さんに突入しましたが、専門書は二階…エスカレーターないよ。階段上がって分類別棚にやっとこさたどり着いたら、店員さんが本並べててちょうど見られない。おいおいおい見えないよ、どいてくださいよお。
しかもなさそうな気がするんですけれど?!
もう諦めようかな…と思ったんですが、ちゃんとありました。あせった…
買ったはいいけどなんか妙に重くないですか?
帰りは犬に吠えられるし…涙

せめて今日は早く寝て、おでこにできたニキビさんを退治しなければ。。。

  1. 2005/04/19(火) 00:22:51|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

疲れたときには

お昼ごはんを食べてから
図書館で勉強しようと思って
机に座ったら
外は寒いのに
部屋の中はあまりにも日差しが心地よくて
私はいつのまにか眠る
疲れたときは、休んでもいいんだ
明日からまた、頑張ろう

こうやって、一日いちにちを自分の形で歩もう

私の一日を彩る家族、友達、大切な人たち
側にいる人たちを
私は私のやり方で
大事にしよう

他の人みたいにうまくできなくても
負い目に感じることないんだね

当たり前のことなのに、なんで忘れちゃうんだろう
思い出させてくれるのは、なにげない一言だったり
そう、みんながいてくれるから


出会えたことに
「ありがとう」

  1. 2005/04/18(月) 22:53:11|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うたたね

今日は一日オフということで、有効に使わなきゃ!
やるべきことを紙に書き出します。
こうすると、なにから優先順位をつけて取り組めばいいか分かるわけです。
試験前はよくやります。
やらないと、要領の悪いうえに気が小さい私はもー、わっけわかんないって感じでテンパってしまうのです。

・国民年金の学生特例納付を申請する
・教育実習の指導教官に提出する書類を書く
・実習校へ提出する書類を書く
・日誌の訂正
・教採の受験申請書類を書く
・書道の検定作品を書く
・担任に提出する個人票を書く
・バイト小物を買いに行く
・勉強する           etc.

んんーけっこうあるぞ?
まず年金は申請忘れると大変だし一番簡単だからこれからやりましょう。その次が実習校関連だー、おっと、教採の学内締め切りが28日だからこれから書くかあ…といった感じです。
今回はほとんどが書類だったからいいんですが、厄介なのは書道と勉強ですね。
予想通り午前中いっぱいは書類だけでタイムアップしてしまい、午後はまず書道から仕上げることにしました。
今度受験する検定は、小字検定といって表彰状など書く際に力を発揮する実用的なもので、ペン字と毛筆があります。さらにペン字・毛筆双方ともに「かな文字」と「漢字」があります。
要するに、全部で四作品書かなくちゃいけないんですね。

なんでまた小字検定を受けようと思ったかというと、師範試験受けて数日後、合格証書と一緒に「師範はあげるけど、あなたはまだまだ全然駄目だから小字検定を必ず受けなさい」的なお叱りのお手紙が連盟から届いたためです。
賞状の字って書けるといいなーと思ってたし、ちょうど良かったんですけど。笑


ペン字はらくらくクリア。うん、いい感じに書けたぞ◎
毛筆のかなもなかなか良いできばえです。
問題は、毛筆の漢字…たった28文字なのに、どうしても納得する字が書けない。先生に見てもらいに行ったら、「筆が立ってないから太さが出てしまうところがある」とのこと。
おっかしいなあ。何でこんなになるんだ?私こんなに書けなかったっけ?

気分転換に、近所へ買い物しに。明日バイトで使う小物たちを物色します。100円ショップでチャッカマンとマーブルチョコとベルト購入。ベルトまで売ってるなんて…カルチャーショック!

帰ってきてから実習にそなえ教科書を読んでたら猛烈な眠気に襲われ、しばしうたたね…して気付いたら2時間も寝てしまった!!もう8時じゃん!!しかも枕代わりにしていたクッションによだれまで垂らしてしまった!
しばし自己嫌悪。。。


結局、まだ漢字と勉強に手をつけていません。
大丈夫か、自分…
寝る前に絶対勉強しよう。

しかもチョコを食べたせいで、胃をいためてしまいました。山根くんだよこれじゃあ。

  1. 2005/04/16(土) 20:59:59|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

桜散る今日

桜散る今日、3年と2ヶ月。
一緒に春を迎えたのは4回目。
先のことを考えると不安になるから、
とにかく今を精一杯やればきっといい未来が待ってる。
その言葉を支えにして頑張っていこう。
でも思うんだ。
いい未来って何だろう。
私にとっていい未来と、あなたにとっていい未来は重なるの?

考えても仕方ないこと分かってる。でも気付くと考えてるんだ。
これからどうなるんだろう。
もし離れることになってもやっていけるのかな…


遠距離恋愛のカップルとか、本当にすごいと思う。
一ヶ月に一回会えればいいほうとか、お互いに忙しくて連絡は取り合えないとか、本当にそれでよく続くなあって思っちゃう。
だって今の私には想像できない。

私は実際自分の時間をあの人のために惜しまない。離れていると恋しいと思う。連絡がなければ心配になるし、一日何度も声が聞きたいと思う。だって大事な人だから。

これがいいことなのかそうでないのかは分からない。

相手のことを想いながら、自分の時間も大切にできる。それが理想だけど、私は極端な恋愛至上かも。
ううん、どこかで相手に依存しているのかも。
私はひとりだちしていない。
今まではそれでも許された。成り立ってた。でもこれから社会に出て、あなたが隣からいなくなったとき、私はたった一人で立つことができるのかな…

離れる日数の問題じゃない、これは私の心の問題。私が解決していくしかないんだ。

大丈夫、きっと大丈夫。
桜咲く4年と2ヶ月の頃、きっと私はひとりで歩いていよう。

だから今は、この環境にいられるまでは、私、この場所にいていいですか。

  1. 2005/04/14(木) 23:59:28|
  2. 私の大切なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

一滴残らず、麗しい

今日はお久しぶりの晴れだったけど、風は冷たくて寒かったねえ。
駅から学園に向かって歩く道、桜が雪みたいにきらきら輝きながら宙を舞ってた。春だねえ。
うちの学校はなんせ林か山かという感じなんで、季節が変わろうとする様が分かる。桜が咲き乱れる色、新緑の青さ、紅葉、落ち葉、新芽…どうでもいいことなのかもしれないけど、そういうちょっとした変化に敏感でいたいなあ。もしかしてそれが狙いか?!または単に田園に建学したという可能性もなきにしもあらずなり。


労作で拾った落ち葉での焼き芋大会は、他大ではやってないんじゃないでしょうか?!卒業する前にもう一回くらいやりたいかも~。



ってまさか今年はもう文化祭出なくていいんですよね?焦

某CMに触発されて今日始めてあのお茶を飲みました。
ジャスミンティーほどくせがないウーロン茶ブレンドって感じです。これで私も大地真央さんだ◎

  1. 2005/04/14(木) 19:15:16|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

骨折

母がここ最近「あばらが痛い」と言って悩んでいました。

ことの発端はお墓参りのとき。車の中でティッシュを落として、それを拾おうとした母のあばらにクーラーボックスが当たったらしい。。それから母は痛いと言い出したのでそれが原因と思われます…。しかしまさか骨折とは…

骨折っていってもヒビが入ってたみたいなんですけどね。
医者によるとよくあることだそうです。ほんとかよ。思いっきり非日常的では…?
とにかく相当痛いだろうなあと思って今日はお皿を洗ったり洗濯物を干したりを手伝いました。明日はお米を買って来いと言われました。重っ。
あんなティッシュ拾わなきゃ良かったと嘆く母でしたが、多分はあなたが拾わないと「酔うからいやだ」といって私は拾わなかったと思います…どっちにしても、ゴメン!


シフトの融通がきいたので、地元でバイトしていたお店に戻ることにしました★久々に制服着たら、なんだかキツかったよーな?!あれれ?

  1. 2005/04/13(水) 23:12:22|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

キルギスの場所

政治学のとき、
「キルギスの場所分かりますか?」と先生に聞かれました。
私は漠然と「ギリシアのほう」かと思ってたら、中国とカザフスタンの間だったのですね?

…こんなんで、社会の先生になれるのだろぉか。


今日も記憶→保持→想起を繰り返しています。教師をめざすモノの立場からいうのもなんですが、「勉強は暗記ではない」といいながら、やっぱり暗記することも多いんだよー。
否めない!

あいかわらず容量はいっぱいいっぱいです。にょー!!なんじゃこりゃー!!わからーん!!なんでこうなるの?論理がわからないよう。でもやるだけやってみるぞっと。あとで教授に聞こ。


achaさんのブログが楽しみだなあ~ニヤリ
↑独り言だよ?笑


  1. 2005/04/13(水) 00:37:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

どっきどっき

実習校に、書類を届けつつご挨拶に伺うことになりました。
で、アポイントをとるために電話しました。

みぃ「お忙しいところすみません。わたくし○○大学の△△申しますが、教育実習担当のI先生いらっしゃいますか?」
事務の人「あいにくいま職員会議中でして…」
みぃ「あ、そうですか(焦)。今日中に連絡をとることはもう難しいでしょうか?(今日中にどうしてもとりたいんだよ)」
事務の人「そうですねーちょっと何時に終わるか分からないので…(若干気の毒そう)」
みぃ「そうですか(折り返し連絡しますと言ってくれぇー)。ではまた後日あらためてご連絡させていただきます。(脱力)」


私は、人前で話すとかはわりと平気なんですが、電話って相手の様子がまったく分からないのでなんだか苦手なんですね…。。(でもバイト先とかの電話受けは全然平気)
流暢に話してるように見えても、心臓はパクパクなんでございますのよ。汗かいちゃうんですのよ。

もうかけたくないよおー。涙

どちらさまか、電話に緊張しないコツを教えてください。
こんなんじゃ社会に出て行けないッ。。。

  1. 2005/04/12(火) 16:36:29|
  2. 切実なこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

四年生、始動。

今日から授業が始まりました。

教職の単位がまだまだ残っているため、一年間フルで学校に通います。泣
月火水木金、学校だーいすき(涙)。
でも、自分で選んだ道だし。だから弱音は(なるべく)吐かないぞっと☆

講義受けてて、コレコレこの感じ!!という妙な感動が芽生えました。

もしかして、学ぶことに対して意識が変わってきたのかもしれません。今まではなんとんーく授業を聞いてきただけだったけど、最近は知ることの楽しさみたいなのが沸いてくるようになってきた。好きな分野ばかりだからかもしれないけれど。
こういう気持ちを生徒に味わってもらえるような授業をめざしたいと思いました。

以前から楽しみにしていた臨床心理学概論の講義がスタートしました。これを待ってたんだよという感じです。
今日は深く内容にまで入ることはなかったのですが、さわりだけでも十分魅力を感じる内容だと思います☆

臨床心理学でもっとも大きな領域―心理療法、つまりカウンセリングとかセラピーとかいうもの―私の最も興味のある分野でもあります。
セラピストはあくまで援助者という立場であり、クライエント自身が自己の問題に気付き変化することが重要だそう。要するにクライエントがより良い方向に変化するための援助が心理療法であり、セラピストの仕事というわけです。

以前、生徒理解の講義でカール・ロジャースが提唱した「クライエント中心療法」というのがあったんですが、まさにそれが心理療法の基本なんだなあ。

主人公はクライエントなんですよね。
自分が何に対して悩むのか、不適応を起こしているのか。
それが分からなくて苦しくて辛い。
援助者は、それを引き出してあげることが大切。相手が今よりよい位置に行けるように―それが社会的にプラスとかマイナスとかではなく、他でもない、今問題を抱える「自分にとって」プラスであるところへ変化できるように援助すること、それがセラピーなんですね。

こんなこと偉そうに書いてても、私自身自分が一体何に対して悩んでいるのか分かってないときばかりです。
でも、客観化(この言葉自体が怪しいのですが)するように努めることで、悩みに対して自分がどうすれば、今のこの状態から打開できるのかを考えられるようになりました。
それはそれでちょっとした進歩なのかなあと思ったりもします。


いや、臨床はこんな単純じゃないんでしょうけど。
そして講義はもっともっと濃い内容だったんですけど(汗)。もっと聞きたいアナタは、achaさんのブログを見てくださいね☆笑


よーし、勉強するかあ!


  1. 2005/04/11(月) 22:19:59|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

おじいちゃんといっしょ

年に一度、4月の第二日曜日は奥多摩のおじいちゃんのところへお墓参りに行きます。
すっごい山の上にあって、景色は抜群なんですが、スギの木だらけで花粉症のみなさん辛そう…。

去年、お墓の所有者に対して「桜の苗を献木しませんか」という連絡が来たらしい。
献金すれば、霊園の敷地内に、桜の苗がその人の名前で植えられるってことなんですけど。
で、おばあちゃんは一本献木したそう。
おばあちゃんの名前の木は見つけることができなかったけど、他のたくさんの人の苗が植えられているのを見てました。
この苗が数年後の今頃花を咲かすのかなあと思うと不思議な気持ちになりました。その頃は、どうなってるんだろう?
とにかく、家族みんな健やかに過ごせているといいなあ。


で、例にもれず今日も勉強。やりたくないけど、あとで困るのは自分なので…というかビビリなので気休め程度には勉強したいという打算による行動です。
本日は教育心理の主要人物について。
教育心理学は授業でやったんですけど、なんせ授業で取り上げられる範囲って狭いじゃないですか。
ここにはその10倍くらいの人々が載ってます…ひぃひぃ

でも、理論を学んで、自分の勉強に応用すればいいんだ!?ってことに気付いた。自分実験!身をもって体験!直接経験ばんざいです。

早速体験したのは、記憶の保持に関するエビングハウスの忘却曲線
これは、忘却を時間という尺度で考えると、忘却は最初急速で時間が経過するにしたがってゆるやかになるというものを実験して曲線で表したもの。
ということは、勉強してからすぐ復習して、時間をある程度おいてからもう一回復習すれば記憶が定着するんじゃない!?再生確率あがりそう。ってか、よく考えたら前からそれやってた…

でもですね、記憶できる容量ってのは限られてるでしょう。。
すでに今までの勉強で容量がいっぱいなので、いくら記憶させても底辺の記憶たちが押しつぶされて消えていくので結局量は変わらず?
トラップじゃん。

とりあえずエビングハウスはもう忘れないと思う。

何でも飲み込む脳みそが欲しいです(真剣)。

  1. 2005/04/10(日) 22:56:55|
  2. 出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日はなんの日

日本の教育の変遷について今日は勉強しました。

こないだやっと西洋教育史が終わったのに…今度は日本…。漢字が読めない。書けない。記憶できない。三重苦。
教育の原型となったものは、日本では仏教みたいですね。
僧を養成するために本を書いたり、決まりを定めたり、国を作るためにはまず人を「作る」必要があった。それが教育の一番最初の存在価値みたいに思う。

それがはっきりと姿を表してきたのが江戸時代の家塾や藩塾といった学問の場所。それまでの武力による統治が変わってきた文治時代に合わせて、子弟を教育する必要が出てきたという流れ。
明治からは次第に軍国主義的な国家政策に教育も添う形で大正・昭和が訪れ…と今日はここまでしか進みませんでした。

教育は時代とともに変わってきたなあ…。今は学制とかそういう歴史的契機みたいなのがないぶん、教育も変わりにくいってとこはあるかもしれない。

でも変える必要はあるよね、確実に。
文科省の考え方自体は間違ってはいないと私は思ってるんですけど、その方法がなあ。このへんのことについてはまた機会があったらいずれ書きたいと思ってます。


そう、それでたまたまネットで「今日はなんの日」というのがあって見てみたら、うちの学園が作られた日だったんですね。
大正時代の教育家に数えられる学園創立者について、さっき学んだばかりだったのに。

偶然のつながりを感じるみぃなのでした。

  1. 2005/04/09(土) 23:09:06|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜の日

エヘ。
のろけですみません。
だって、こんなにきれいに咲いた桜を見ずして学生生活最後の春(?)を謳歌したと言えようか!!
というわけで、本日はとっても久々に彼氏さんとお出かけしてまいりました。
横浜行った帰りにあざみ野のペットショップで子犬たちを物色。。セントバーナードが足もとにフンフンしてきてびっくりした…。でもめっちゃ私の足踏んでたけど…。
夕方なのにわんこを連れた奥様やご夫婦がたくさん来てました。あざみ野は高級住宅街なんで、こういうお店は合ってるよな~、とかちょっとマーケティングっぽいことを考えてました。

帰り道、若葉台の桜並木に圧倒されて終始口が開いたままです(上見てたから)。ここの桜並木はちょっとすごいです。ピンクの屋根なんです。(散り際がまた美しい。雪みたいで)
すごすぎて、せっかくお花見に行った自然公園の桜がおとなしく感じちゃったもの。

金曜だから、会社帰りのお花見団体でいっぱい。こういう風景を見られるのも、桜があるからだよなあ。日本はいいなあ、とか思ったり。だってこういう習慣て日本にしかない?ですよね??

芝生の上に座って、桜を見てみよう。まだここの桜は満開ではないけれど、数日したら散ってしまうでしょう?だから、せっかく会えた今日この日の桜を、しっかりと覚えておこう。


そして来年またここに来たとき、変わらずお花見をできる二人でいよう。


さて、明日からまた勉強頑張りますかあ♪

  1. 2005/04/08(金) 23:55:00|
  2. 私を癒してくれるもの|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7

祝内定

私のもっとも身近な人が内定をもらいました。
喜ぼうよ☆頑張ってたもんね。だからよい結果を得られたんだよ。
ひたむきに夢に向かうあなたのことを欲しいという会社はたくさんあると思うもの。

でも、正直言えば、私は心から喜んであげられなかった。
私だけ置いていかれる気がしてるんだ…。

最近ようやく、教採一本で行こうと決めた私。
さんざん迷って、勇気付けられて、やっとここまできた。
その気持ちに偽りはないと思う、でも、たとえ違う形でも、あの人に置いていかれるのは怖いんだ。
置いていかないで、置いていかないで置いていかないで。

みんな一人ひとり違う道。私は私。分かってる、でもねやっぱり取り残されているような気がするわけです。

でもね、ここでくよくよしてたら今までの私とおんなじなのです。
私は、他の人にできない経験をするんだろう。それだけでも大きな意味があるじゃないか。その経験から何を学び取るか。それは私次第。

こんなにこんなに不安はあるけど、やってみようじゃないの。
明日のことは誰にも分からないんだから、ここでへちゃむくれててどうすんだ!

置いていかれてるんじゃない、私は私のために、この道を選ぼう。
そう、「それを遠回りとは思わない。」



  1. 2005/04/07(木) 23:59:19|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私は、やってみせる!

きっと実り多き三週間になるだろう、と思います。

あと一月と半分で、私にとって大学生活最大のイベント、教育実習が始まります。今日はその直前ガイダンスでした。
うちの大学からは、教育学部を除くとおよそ110人くらいが教育実習に参加します。大学全体だとその三倍くらいなのかな?
今日は今まで頑張った事前指導の日誌が返却されました。あれだけ気をつけたのに誤字がある…。でも概ね先生からの評価はよかったので一安心です。

「進みつつある教師のみ他人を教える権利あり」「学校は学ぶところであるからまず教師が学ばずして生徒を学ばせることはできない」とも言われます。
さらに向上心を持って実習に臨んでください。実習中は「我以外、皆我が師」の思いで過ごせば大きな成果が期待できます。―

教職研究所の先生からこのような言葉を頂戴しました。

そうだ、私は教師になりたくてこの学校を選んだんだ。
私は何を迷ってたんだろう?
私はこの道を進もう、頑張ろう。
そう思える言葉を勇気を、大学を目指したあの頃の気持ちを、もう一度思い出せた日でした。

不安はたくさんあるけれど、今この自分にできること、今しなければならないことを精一杯やれば、きっとよい明日が切り開けると思います。それは、教育実習も同じこと。一生懸命やれば、必ずそれを評価してくれる人がいるし、思いは伝わる、と先生はおっしゃっていました。
ほんと、その通りだなって。毎日が色々ありすぎてつい忘れてしまいかけたことを、思い出させてくれる言葉でした。

「念ずれば花開く」を信じて、今日からまた一歩一歩前へ進んで行きたいと思います。

  1. 2005/04/07(木) 20:40:00|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なっとぅる

なっとぅるというのは名前なんですが、高校時代なにかとお世話になったお友達のひとりです。
小さくて細っこくて、でも丈夫っぽくて、あんまり学校休んだりとかなかったよねぇ。体育のサッカーになると異様に張り切っていたのが印象的です(笑)。
彼女と同じクラスになった一年生当初は、普段はけっこう落ち着いてて、勉強もできるししっかりした子だなーって思ってたんですが、一度心を許した相手にはハジけるタイプだと思います。そして、リアクションがでかい。ってか、多分私と似てるとこが多いよね?お互いの母親も似てるしねえ…(苦笑)。

悩みも同じようなこと抱えてたので、よく愚痴をこぼしあったりしました。よく手紙交換したっけ。。そしてその宛名がいつもなんだかおかしい感じでした。なんっかおもしろげなのよねえ~。いや、かわいいって意味だよ。怒るなよ。

現在は公務員試験に向けて猛勉強中。
お互い夢が叶うといいよね!!
なっとぅるなら、やり遂げられるよ!

  1. 2005/04/07(木) 01:31:25|
  2. 私の大切なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私の健康診断報告

学校の健康診断に行ってきました◎
特に去年と変わったことはなかったんですが、身長が伸び悩んでることがとても気になります…。高校一年生の頃から変わってないんですっ155.9cmって、どゆこと?
156cmでいいじゃんねえ。
体重てっきり増えてるかと思ったけどこちらも変わらず。。
けっこう暴飲暴食的な生活してたんですけどね…危ないあぶない。
視力は最近作った眼鏡をかけても0.8しかありませんでした。裸眼だと0.02くらいかな~。ほとんど見えてない状態で出歩いてるのですぐ疲れてしまいます。
そういえば、けっこう裸眼て言われると驚かれるかも…。なぜならば、目が茶色いからカラコンいれてると思われているからです。
みなさーん、私は「裸」です、「ら」!!
でも、とても裸眼でいちゃいけない状態なんであります。

ブルーベリーが目にいいって聞いたんで、もこもこ食べて回復するぞう!
なにかおすすめの視力回復法があったらぜひぜひ教えてください。

  1. 2005/04/06(水) 13:23:45|
  2. 切実なこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルシエ・ジャパン(遅っ)

いい天気だから、勉強の前に布団を干そう…と思ったら床のごみが気になり出し、掃除機をかけたら止まらなくなってそのままオーディオをきれいに拭いたりガスコンロの油をこそぎ落としたりトイレを掃除したりして午前中がしゅーりょー。

ベッドの下のほこりってなんでたまるんだろう?って思いながら掃除機をつっこんだら、昔の撮りだめしたビデオテープがわんさか出てきました。
なんと!2002年ワールドカップのものでした。懐かしい!普段は三倍で撮るくせにこのときは一試合一本で撮ってたみたい…けっこうな数です。なにげにチャンピオンズリーグのもありました。たぶん、マンUのだと思われます(ベッカムに心奪われていたころの)。
にわかサッカーファンの足跡を見せられた気分です。。。

で、手近にあったベルギー戦のビデオを観てみました。ワールドカップで、日本がはじめて勝ち点をとったあの試合です。
何度観てもいいねえ。結果分かってるのにドキドキしちゃいました。宮本選手、まだバットマンだったね…うんうん。鈴木、髪短いほうがいいよ…とか関係ないこともいろいろ考えましたが。
日本代表戦は、とにかくいつも手に汗握って観戦してたことを思い出しました。スタジアムはジャパンブルー一色。こんなに多くの人に感動を与える代表たちって、ほんとうにすごいですよね。

なんだか自分の悩みとかちっさいよなー、とか考えちゃいました。うん。空を見上げてみれば、どこまでも飛んでいけそう。

戦う勇者たちに勇気をもらって、いざ勉学に励むべし!!

  1. 2005/04/05(火) 16:57:46|
  2. 私を熱くさせるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

世界地図を書こう

私はけっこう世界史好きだと思ってました。
試験のときの足しになればと思って、高3のときでっかい世界地図を買ってもらって、それを学習机のまん前に貼り付けました。
だから、毎日見てました。
が。

お題目「世界地図を書いてみましょう」社会の先生的には、やっぱ地図くらい書けないとね!?

んで、書いてみました。同時に私のほか三人に書いてもらいました。

Aさん…おっと?大陸が四つしかないぞ?!(アフリカ大陸とユーラシア大陸が合体した模様)
Bさん…オーストラリアがブラジルの東。(熱帯かよ!!)
Cさん…イタリアがヨーロッパの大部分を占めている。(長靴が印象的なんだね)

私はというと、東南アジア諸国が飛んでいってました。
四人に共通していたのは…
アラビア半島を忘れること。(インドまではなんとか書けてもその隣がもうヨーロッパになっちゃってるんですよね…。)
あと、正解の世界地図を見せたとき「大体あってるじゃない!!」と言い張ること。

頭の中にはいつもの地図が浮かぶのに、再現できないもんですね…。。いかに漠然と見てるか思い知らされました。
漫画のキャラをお手本なしで書いてみたりしたときの、あのもどかしさに近いものがあると思います。

ちなみにAさんにはさらに「ムーミン」を書いてもらいましたが、まるでドラクエに出てくる初期モンスターみたいでした。


みなさんもぜひ世界地図を書いてみてはいかがでしょうか(笑)。

  1. 2005/04/04(月) 23:22:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ゴルジ体

かぜっぴきさんはやる気が出ません。勉強しなきゃいけないのに~。

お昼に某ドラマの再放送がやってて、見入っちゃいました。
リアルタイムでは見てなかったもんで。
いいなあ、高校生。青春!!
ちゃんと時代を感じる演出がツボです。

参考書をパラパラ見てたら、生物のページに「ゴルジ体」というのがあってすっごい懐かしい感じでした。
ゴルジ体ってどこで出てきたか分かります?細胞の構造のところです。
細胞壁は植物細胞にしかありません。って先生に言われたっけ…
あれから4年。細胞壁なんて、一回も生活の中に登場しなかったよ。

細胞壁はともかくゴルジ体とかって一般教養なんですか?教えてください教育委員会。

  1. 2005/04/04(月) 22:09:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

しいちゃん

本日は赤レンガ倉庫内のダイニングレストランに派遣されまして、昨日に引き続き二日連続でみなとみらい線に乗るはめになってしまいました。ぼっとホームで電車を待ってるとき肩をたたかれ、ギョッとして振り返ると、なんと地元サンマルクでバイト一緒だったしいちゃんでした。お互いこんなとこで会うとは思わなくて、きゃあきゃあ騒いじゃいましたよ。

なんか、しいちゃんとは思わぬところでよく会うご縁があるみたいデス。ね、しいちゃん!!

しいちゃんはおっとりしてて、それでいて話がおもしろくて、しかしながらちょっと天然さんなところがありますが、大好きなお友達です。
ほんわかした笑顔は誰からも親しまれそう、でも芯の強さも持ち合わせているのです。すごく色々考えてて。同性の私から見ても魅力的な女の子です。
大学では英文科に通っていて、海外を飛び回っています。よくおみやげもらちゃって…私は国内ひきこもりでごめん…。いつかしいちゃんに海外のおみやげをあげるのが私のちょっとした夢です(笑)。

あんまり会わない友達に偶然会えると嬉しくなっちゃいますよね☆これからもずっと仲良くしてもらいたいみぃなのでした。

あっ、バイトの話、まったくしてない!!汗

  1. 2005/04/03(日) 23:35:50|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

纏足と弁髪

家族と中華街に行ってきました◎
久々に家族で出かけたなあぁ。(兄は休日出勤のため不参加)
夜になるほど賑わう街って、中華街くらいじゃない!?渋谷とか新宿とはまた違うジャンルの賑わいだと思うんですけど。
親と一緒にビール飲んだのって実は初めてかも…。もちろん、ちょこっとだけすすったこととかはありますよ?でもお店に入って乾杯したことはなかったです。基本的に、私ビール飲まないので。。でもなんかちょっとこういうことが嬉しかったりしますよね。
電車の中で服を脱いじゃった人がいたかなんかで発車が遅れるという事態に遭遇したり(駅員に「脱いじゃってる人いませんか?」と聞かれた)、隣に立ってたおっちゃんが苦しそうだったり(なんか、あえいでた。)、なんだか色々ありました…。

中華街を散策していて面白かったのは、中国の色々な時代のアンティークを売ってるお店。清時代の薬壺とか、漢時代の出土品(なぜか、豚。)とか、硯とか、なかなか怪しいものをたくさん売ってました。衝撃を受けたのは、纏足(てんそく)!!ちっちゃ!!私の三分の一くらいの大きさでしたよ。わたしゃ中国じゃ追放ものの足の大きさなんだなあということをあらためて実感させられたお店でした。
店の前にドラがあったので父と鳴らして帰ってきました。
なんか、中学校のコンクールを思い出すな…。

帰りは、コンビニでアイスを買ってもらいました☆ちょっとなんだか幸せでした(笑)。

  1. 2005/04/03(日) 00:34:20|
  2. 私を癒してくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。