あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

喧嘩、してますか?

私は彼氏さんとわりとよくケンカします。原因はいまとなっては思い出せないようなことも多いのですが、大体は私が悪いので、もしかしたら都合よく忘れてしまっているのかもしれません。。笑

↑嘘です。

初めてケンカしたのは付き合い始めて二ヶ月くらいたった頃かなあ。付き合った人とケンカするようなことがそれまでなかったので、あの時はきょどりました。

ケンカっていっても言い争いになることはごく稀で、多くはどっちかがキレてる状態でかるく音信不通になるんですね。朝起きてもメールが来てないまたはバイトが終わった後にお疲れ様メールが来てないと、「怒ってる?!」と疑ったほうがいいくらいですね。

メールの頻度によって相手が怒ってるかどうかのめやすになるってことは、普段からそれ相当のメール交換をしていないと成り立たないと思うんですけど…みなさんはメール交換てたくさんしますか?!

ああ~、でも回数の問題っているよりはタイミングの問題かもしれないです。私たちの場合は、いつもこの時間に来ているはずのメールが来てないってことで判断しているところがあるかもしれないです。。

メールがこんなに重要になっているなんて…
ケータイのない時代って、いったいどうしていたんでしょうね?!よく考えると不思議。。



スポンサーサイト
  1. 2004/06/18(金) 20:00:14|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自己分析に

○名前
 「みぃ」
○生年月日
 「昭和58年8月18日」
○血液型
 「A型。O型っぽいとも言われます」
○好きな食べ物
 「チョコ!!あと、お芋」
○嫌いな食べ物
 「アスパラ、しいたけ」
○趣味は何ですか?
 「カフェでまったり」
○好きな有名人
 「サッカーの宮本選手!あと、玉山くん」
○好きなテレビ番組
 「世界ふしぎ発見。ミステリーハンターに本気でなりたかっ た」
○よく聴く音楽は?
 「アン・サリー、ラブサイケデリコ。クラシック全般」
○今一番興味のあることはなんですか?
 「就職」
○今までの人生で一番楽しかったことは何ですか?
 「キャンプファイアー大成功」
○今までの人生で一番悲しかったことは何ですか?
 「数学のテストで一桁をとったこと」
○小さい頃は何をして遊びましたか?
 「お絵かき、おままごと。インドアな子どもでした」
○初恋はいつですか?
 「小学校一年生。クラスで一番かっこいい男の子でした」
○好きな男性のタイプは?
 「笑顔が素敵。家族を大事にする人」
○次に生まれ変わるとしたら、男?女?
 「男。野球少年になり、甲子園に出場」
○10年後のあなたは?
 「想像できません…」
○あなたについて、他人からどう言われますか?
 「・意外と背、ちっちゃいね。
  ・意外とおもしろいね。(どういう意味だろう…)
  ・意外と足、大きいね。(涙)」
○特技はなんですか?
 「書道です。16年間続けています」
○普段なにを考えてますか?
 「日記を読め?」
○最後にひとこと
 「読んだらぜひ、書き込んでね?」


  1. 2004/06/15(火) 13:17:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私の専攻について

今日は、私自身の専攻(?)である人間学について考えたことを書いてみたいと思います。


最近昔のことをよく思い出すようになったと思います。
年をとると懐古が多くなるというけど、二十歳ってそういう時期なんですかねえ。
小学生くらいの頃は、二十歳ってもうすごい大人だと思ってたけど、実際その年になった自分は小さい頃と相変わらずな気がする…もう少し自分が変わってるかと思いきや、自分は過去からの連続で切り離せないと気付きました。

私はものすごく人見知りでした。だから、初対面の子と気楽に話をすることができなかったし、自分の意見はあってもそれを自己主張することが苦手でした。だから、友達の輪の中にいても話を聞いていることの方が多かったです。みんなは私のことを「おとなしい子だ」と評してました。

でも、内弁慶なだけで、実際の私はおしゃべりでうるさいくらいの子だったみたいです。家では歌ったり踊ったり眠ったりして過ごしていたと母は言います。

でも、なんだかそれじゃあみんなの前にいるときの私ってナニモノ?って感じじゃないですか。多分、みんなの思ってる私も間違いなく「私」なんだけど、自分で「私」だって思ってる「私」じゃないみたい。ズレがあるんですよね。

私の親友が、ある時こう言いました。

「みーちゃんは、みんなが思ってるのとホントは違うよね、うまく言えないけど」

高校生になって間もない頃、違う学校に進学した親友と再会したとき言われた言葉です。そんなことを言われたのは、それまでは彼女一人にだけでした。私は、なんだかこの言葉に助けられたっていうか、気持ちがすうっとラクになったのを覚えています。

自分が思ってる「私」と、ほかの人が思ってる「私」、どっちとも「私」として認めてあげていいんだ、って思えるきっかけが、彼女の言葉の中にはあったんですね。

自分の全部を知ることは難しいけど、ほかの人から見る「私」も「私」が気付かない「私」の一側面なんだよね。だから、それを集めていったら私ってどんな人間なのか、ほんの少しだけ分かったりするのかもしれないです。もちろん、それぞれの人の主観だから、「私」の本質ではないにせよ。。

これから先も、私自身の知らないどんな「私」に出会えるのかなって、ちょっと楽しみだったりします。

人間学、一番の題材は自分自身かもね(> <)



  1. 2004/06/15(火) 03:02:53|
  2. 思索の種をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おめでとう

その人は、「超」がつくくらいお人好し。お人好しすぎてイタイめにあうこともあるくらい。誠実、約束はまず破らない。人に優しく、元気だけれど、夏の太陽みたいな明るさじゃない。どこかかげってるけど、寂しくはない、心地良い明かり。そういう太陽。
だから、その人の周りには、たくさんの人が集まる。どの人も、その人の暖かさを求めて自然に集まるの。私もそのうちの一人。本人は気付いてないけどね(^^)

私はその人に数えきれないほどのハッピーをもらいました。

今度は私が、きみをハッピーにする番だね。

Happy Birthday...


  1. 2004/06/03(木) 18:34:59|
  2. 私の大切なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。