あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上り階段でこけると両思いだという

すっころびました。

家を出てから、あ、忘れ物した。って気付いて引きかえしたら、階段上るとき、すべって右足首を強打しました。
反射的に手が出たので(よかった、いちおうまだ反射神経は残ってる)、顔などは怪我しないですんだんですが、足首には階段の角と、すべりどめのアトがくっきり二本残っていました。
バイトの前で、ストッキングはいてたんで余計目立ちました。
なんか…島流しの烙印みたいになってるんですけど…

ってか、すべりどめの意味ないし!!



関係ないけど、バイトをしていて、ふと、昔の記憶がちらりとかすんだりすることがあります。
私は今バイトをしているところが初めてのバイト先で、その後スキルアップをはかって某レストランへ移りました。そして、そこで一年弱働いて、再び最初のバイト先へ戻ってきたという経歴を持っています。

最初のバイト先は、メンバーみんな大好きで、働くことが楽しくて、初めてのバイトがここで本当に良かったな~って思ってました。そりゃ、それ相当につらいこともあったし怒られたこともあったけど、それ以上に楽しかった。(働いてお金を稼ぐことの大変さが学生なりに分かったし、稼いだお金で親にプレゼントをすることができるようになって、嬉しかったです)
でも、居心地が良すぎてなあなあになりかけていたのと、もっと自分を高めたいな~と思ったので、きっかり二年でピリオドを打ちました。


そして次のバイト先。
お料理もインテリアも素敵。ウェイターがかっこいい。サービスは作るもの、という理念にも惹かれました。ここで働けたら素敵だなーって思ってました。
憧れのお店だったんです。
やったー面接受かったぞ☆ガンバロー!

ここまではいい。


胃潰瘍になるんじゃないかと思うくらい、ストレス疲れしました。
体力的につらいのはもちろん、精神的にやられてました。
軽く心身症でした、あの頃の私。

メンバーはいい人ばかりだったんですが(ある人をのぞいて)、仕事は辛かったですね。
バイトも社員も関係ない、サービスのプロとして働くことを求められるので、それなりの技術が要求されるのと、シフトの融通がきかないことで、テスト前でも強制的に働かされたりしたのが辛かったです。
でも、なにより辛かったのが

「いい加減な仕事してんじゃねえよ!!」
「そういうとこがレベル低いって言ってんだよ」
「じゃまだ、どけ」

と吐き捨てられた記憶が今でも残っています。
泣かされましたね~この人には。
涙こらえてあがって、ロッカールームでしくしく泣きました。
あ、ちなみに、これ言ったの女性の店長ですから。
この人のおかげで、バイトをやめたくてやめたくて仕方なかったです。

この人が指導するから、みんな続きません。
そして人不足。
そのわりに新人を雇わない。(最低のとき、ウェイターできるバイトメンバーは私を含めて三人しかいませんでした)
雇っても、あんな口調だからみんなすぐ辞めます。
サービスが安定しません。
お店自体の評判が下がります。
社員も辞めました。
さらに人不足、いまいるメンバーが休めないという悪循環。

すべての原因は、あの女?…確実に。


私、スキルアップしたくてこのお店に入って、こんなに怒られたり不愉快な思いして、いやだいやだと思いながら働き続けて何か意味があるのかなーって思いました。
サービスって、なんだろう。
すごく思いました。
店長は、ウェイターのサービス動線をじっと観察しています。
そして、自分の概念からはみ出したものを容赦なく叩きます。ああいう口調で。
店長に認められるものじゃないと、サービスじゃないんだって思いました。店長のやり方に疑問を感じました。

でも自分が望んで入ったお店ですし、仕事は本来大変なものだし、怒られるのも当然なんですが、同じ注意でももっと別の言い方ないわけ?という感じだったので、この人と一緒に働きたくはない、最後にはその思いしかありませんでした。


でもまあそのおかげで、今バイトしてて、全然辛くないです。混んでも混んだと感じません。神経切れてるかもしれません(笑)


たまに、ふ…とあの頃の記憶がよみがえります。
そして今、ここに戻ってこられて、…良かったと思います。


上司は選べません。覚悟してください、新社会人のみなさん。




スポンサーサイト
  1. 2005/07/24(日) 23:24:27|
  2. 自分のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ひつよう

必要とされていることに生きてる意味を見出そうとしてる。
でも、すごく自分勝手なんだ。
私は多分寂しがりやの方なんだと思う。

相手には相手の世界があって、私にも自分の世界がある。
それは分かるんだ。
でも、いつでもその世界を開いていて欲しいって思ってる。

今何をしてるの?
今どこにいるの?
どうして連絡くれないの?
相手に求めてしまう。

それが少しでもうまくいかないとね、裏切られたような気分になる。
それもこれも、自分を見ててほしい、自分のことを優先してほしいって思ってるから。
だから相手の世界を見られないとき、仲間はずれにされたような気持ちになるんだわ。
ううんほんとは、相手の世界なんて見られてないのかもしれない。
全部私一人だけの、思い込みなのかもしれないって、怖くなるときがあるの。

どうして素直にできないんだろう。
昔からかわいくなかった。
周りの友達がうらやましかった。
私もそうなりたいって気持ちは人一倍持ってたのに、実際の振舞いは裏腹で、ちっとも素直じゃなくて、ただただ気持ちばかりがあせってた。
今もそう。
本当はね、いっぱいお話したいし、会いたいし、色々なところに行ったりしたい。
けどね。

現実には、やらなきゃいけないことは他にもたくさんあって、忙しい毎日なんだ。
あっという間に過ぎていく毎日なんだ。
だけど、日々の彩りの半分くらい(もっとかも)は、あなたなんだよ。
だからどんなに忙しくても、やることがいっぱいあっても、相対的に占める割合も増える。
多分それは、これからも変わらないんだろう。

社会に出て、何かは確実に変わるでしょう。けど、今の私のままじゃ、きっと水を求めすぎて枯れちゃうんだろうなあ。



…ブログ上で私的なストレス発散して、すみません。
たまに暗くなっても、基本的には元気です。

  1. 2005/05/20(金) 00:38:53|
  2. 自分のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。