あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

球春

高校野球開幕ですね。

この時期になると、新しい季節の始まりを感じます。
先輩たちがいなくなって、まだ一年生が入ってくる少し前、ほんとうに自分たちが部活動をひっぱっていく、あの独特な感じ。

もう、学生じゃなくなるのでまた違った雰囲気で季節を感じることになるのかなーと思うと、ちょっと寂しい気もします。

苫小牧の一件は残念でしたが、多くの球児がひたむきに頑張っていることにかわりはありません。どうか球児たちが悔いの残らないように、野球を楽しめたらいいと願わずにはいられません。


本日の注目は、やはり横浜 対 覆正社です、私的に。
試合始まる前に、やることやって応援に備えなきゃ…★


そぉいえば!mixiで「むねりん」のコミュニティを見つけたので早速入ってしまいました。
むねりんとはソフトバンクホークスの川崎選手のことです!!みなさんも川崎選手を応援しよう!!オフィシャルサイトはこちら(宣伝)。

…誰ですか、面食いだなんて言ってる人は。いいじゃないの、ほっといてちょうだい!!

スポンサーサイト
  1. 2006/03/24(金) 11:15:38|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

桜咲く、王ジャパン!

とっても緊張・感動した試合でした。
じっとしていられなかった(^^;
正座したりごろごろしたり飛び起きたりしながら、今日のキューバ・日本戦を観戦しました。

正直、6点とってても迫力あるキューバ軍団に勝てる気はしてなかったけど(ゴメンナサイ)、ナインもベンチも本当にそれぞれがそれぞれを支えあってみんなで戦っているというあの雰囲気は、WBCの一番の収穫だと個人的に思います。
結果、こうして世界一の座につけたのですから!!

印象的だったのは、ショートの川崎さんが守りのミスを連発してしまったあとベンチに戻ったとき、選手みんなが声をかけたり頭を叩いたりしてる様子。私だったらみんなのその温かさに涙出てしまうと思います。
ああいう大事な場面でのミスは精神的に動揺するでしょうから、リラックスさせたり落ち着かせようとするのは当然といえば当然のことなのですが、そういう姿がチームのカラーのように見える、あったかい関係はとても素敵だしうらやましいし、カッコイイって思います。

今大会はイチローがものすごく燃えていましたね、韓国戦ではリアルに背中に青い炎がメラメラしていました。
なんでそんなに勝ちにこだわるんだろう、って最初は思ってました。
でも、イチローは多分、自身の野球人としてのプライド、「日本」代表としてのアイデンティティ、王監督を頂点へ、その思いを誰よりも心に留めていたんですね。
ただ思うだけでなく、いつも誰よりも早く球場に訪れ黙々とランニングし、バッティングし続けた。つねに当然のようにヒッティングしているようで、それはすべて彼の努力に裏打ちされた成果なんですね。練習は嘘をつかない。一つ一つのプレイに全力投球する。野球人だけではなくすべての人が見習うべき姿勢というか、生き方を見たような気がしました。
うまく言えないけど。。。
だから、こんなにも観る人の心をつかんで離さないんですね、イチローって。

一度はもう絶対だめだって諦めてたけど、こんなに素晴らしい形でWBCを締めくくれたこと、なにより、ヴァレンタイン監督もおっしゃってましたが、未来の野球人たちに、世界一のチームでプレイすることができるかもしれないという、でっかい夢を与えてくれたこと、本当に素晴らしいプレゼントでした。



今後ますます日本の野球が発展することを、心から祈っています。
本当におめでとう!!
感動をありがとうーっ!!!(^^)/

  1. 2006/03/21(火) 20:26:17|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

結婚します

あけましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなったことを心からお詫び申し上げます。

さて、新年早々おめでたいご報告です!



今年の10月に結婚式をあげることになりました。
なので、ぜひ出席してください!!








という内容のメールを頂戴しました。
驚きましたか?笑
結婚するのは、私の小学校時代からの親友です。
小3のとき千葉に引越ししてしまったのですが、それからもちょくちょく連絡をとりあっていたのです。
彼女は運動ができてピアノもひけてかっこいい女の子でした。
美容の専門学校に通っていたのですが、国家試験にみごと合格して去年の春から美容師として働いていました。その年から付き合い始めた年上の彼と、この度結婚が決まったそう。
メールが送られてきて内容は「結婚します」。
夜中だったのですが、びっくりして目がバッチリ覚めてしまいました。

早速おめでとうメールを送ったのですが、彼女、とても幸せそうでした。
私も嬉しくなりました。
それと同時に、私の直接の友人の中では初の結婚するカップルということで、ちょっとドキドキしています。笑
そっかー、もうそんな齢なんだ?!

でも考えてみれば、短大とか専門だった子はすでに社会人2年目なわけだし、結婚しても全然不思議じゃないですよね。
私はまだこれから社会に出て、いっぱい苦労していかなくちゃ。
そしてたくさんの経験をして素敵な女性になりたいです。

でも、相手は決まってるって思ってるんですけどね。ヘヘっ♪(*^^*)
新年早々、ノロケテすみません!


あらためまして…

おめでとうみきちゃん!お幸せにネ♪♪♪

  1. 2006/01/06(金) 23:19:07|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私がここを選ぶ理由

大学4年間、服飾を専攻してきたわけでもない私が
どうしてこの会社を働く場として選んだのか
今日はそれを伝えたいと思います

私が4月から働くのは、スーツを扱う会社です
スーツは昔から好きですが、自分で着るものというより、むしろ他の人に着て欲しいものとして、とても好きなものです
男でも女でも、街中でスーツを美しく着こなす人を見ると、私もあんなふうに着られたらなあと思うより、あの人ならあんなスーツも似合いそうだなあと思ってしまう、そういうイメージです
つまり、自分が着るより、着て欲しいもの、合いそうなものを提案するとか、それを探すお手伝いをしたい
そして、その人が少しでも笑顔になれるなら…

それが私の志望動機でした

紳士服はアパレルというほど華やかなイメージではないけれど、働く男性の8割はスーツを着る
そのスーツがちょっといいものだったり、おしゃれだったりすると、働く気持ちがいつもと違うと思う
そういう気持ちを、スーツを着て働くみんなに知って欲しいと思った
若い人もおじさんも
どうせなら、スーツ姿に自信を持って、キラキラしていて欲しいから
私たちがお気に入りの洋服を着るときのわくわくする感じ
この気持ち

そのために、私は勉強する
専門的なことは何も分からないけど
まったくゼロからのスタートだけど、
私の負けないものは、誰にも負けないというこの気持ち
この気持ちで私は学び続ける
そして、お客様を幸せにする
私を買ってくださるお客様を持ちたい
そして私自身も、幸せになりたい


私の夢
先生になること
洋服にも気を使える先生になりたい
黒板の字もきれいに書けて、プリントにイラストも書ける
生徒と向き合える先生になりたい
私の夢
あの人の10年後もそばにいられるように
あの人が辛いとき支えてあげられるように
あの人に素敵なあの人のままでいて欲しいから
あの人の魅力を引き出せるような
そんなスーツを選んであげられる人になりたい
そして、あの人と、幸せな家庭が築くことができたらいいと思う


私の夢

これは目標じゃない、私の夢
夢は、誰にも邪魔されない
誰にも与えられない
受け渡されない
私自身が決めるもの

だから、
「そんな夢、無理にきまってるじゃん」って言われても、
私は絶対にあきらめない
私がどうなりたいかは、私次第なんだから



書いてるうちに本気モードに入っちゃいました
どれも偽りのない、私の気持ちです

  1. 2005/10/26(水) 21:30:32|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寝ても覚めても

考えていた、行きたい会社の2次面接結果。




…受かった!!!受かってた!!!
さっき、リクナビ確認したらメールが来てました。
安堵のあまり倒れそうになりました。

次、いよいよ最終です。
他の企業の最終と二日連続であるんだよなあ。。
最終で落とされるって話もけっこう聞くし…(この会社はどうだか分からないけど)正直、怖いです。
こことご縁がなかったら、私は何を糧に生きていけばいいのですか本当に!!それくらい、この会社の考え方とか、働いてる人の姿勢に共感できたんですね。
また、実際入社したら違うんだろうケド…少なくとも今の時点では、働いている自分の姿を想像できる会社です。
まだ就活初めて一ヶ月ちょいくらいしかたってないけど、最初はご縁があったら受かるだろうとか考えてた、でも今は、ここに受かりたい、行きたいっていう順位がどうしてもついてしまう。

ふふ…人間の欲深さよね。


せちがらい話ですが、自分はまだ教職の単位がとり終ってないため毎日学校行かなきゃならないという状況の中で、出席も厳しい学校で、その中でやれることは色々頑張ってやってきたつもりだし今も頑張ってるつもりです。それは私だけの力じゃなくて、支えてくれるみんな…友達、先生、仲間、すきなひと…がいて、助けてくれる家族がいて、そういうみんなの力があってこそだと思う。
私ひとりじゃ絶対にここまで来れなかった。
今あらためてそう思います。
最初はなんでこんな道選んじゃったんだろって思ったけど、それが私の選んだ道だし、私が選んだ道だからという理由だけでバックアップしてくれた家族が応援してくれるからこそ頑張ろうとも思えた。
ここまで来たら、絶対に最後まで自分が納得いくように頑張ろう。


とりあえず、教員免許取得・絶対卒業!!

みんな、いつもありがとう☆

  1. 2005/10/03(月) 21:26:38|
  2. 私に勇気をくれるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。