あいのうた

大切な一日一日を書き留めたい。 そういう思いから、始めてみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ふたりたび1

雲の上から見る、ずっと見る。世界はきれいだね。

成田から9時間あまり、途中経由のイギリス・ヒースロー空港にて、私たちはフライト待ちをしていました。

「疲れたね…」
「うん…」
「眠いね…」
「うん…」

同じツアーのほとんどの人が元気に免税店やら買い物にやら出かけていたのに、私たちは長椅子に寝そべって、目の前に広がるガラス戸の向こう、飛行機がぼんやり夕べにかすんでいるのを見てました。

遠いよね~。ヨーロッパは遠いと聞いていたけど、本当に遠かったです。しかも私ここまでほとんど一睡できなかった…

3時間くらいたってやっとアリタリア航空にてローマへ向かいます。
なんかね、憧れのアリタリアだっておもってたんだけど、…くさいの。
なにか独特の、香水みたいな、変な香りにイタリアでは終始悩まされ続けることに。
しかも、フライト時間はとっくに過ぎてるのにずーーーっと動き出さない!1時間以上その場にいました。。。待ちぼうけ。くさい。早く飛べ、と思いました。

さらに、機内食が出たんだけど、これがすんごい、激マズイ
ぼそぼその何かはさんだパンみたいのと、ものすごい甘いジャムをかさかさのタルトに塗りたくったみたいなのが出てきたんだけど、みんな「まずいね…」と言ってあまり手をつけていないようでした。

挙げ句の果てには、飛行機が着陸の瞬間ふらふらっと横に揺れたりして、私らここで死ぬんじゃないだろうかと思いました。
極めつけは、ツアーの中の女の子1人のスーツケースがローマに届いてない!!ロスト・バゲージってやつです。
このとき現地で夜中の12時半。荷物確認の手続きのために、人気のない空港でまたまた待ちぼうけをくらい、私たちは疲れきっていました。

ようやく宿泊ホテルに着いたのが1時くらい。部屋は簡素な感じだったけど、ともかくベッドで寝られる…と思うと嬉しかった~。

洋ホテルに慣れていない私は、シャワーの出し方が分からず、半裸状態で部屋に赴き友人achaの助けを呼び、さらに添乗員さんに電話してようやくシャワーを浴びることができました。笑

なんだか変な一日(二日?)だったなあ。



本日の格言:アリタリアは、あほタリア。
      

スポンサーサイト
  1. 2006/03/22(水) 14:30:38|
  2. 旅行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。